中国 福島第一原発の処理水 東電の放出方針に撤回求める

福島第一原子力発電所でたまり続けるトリチウムなどを含む処理水について、東京電力が25日、具体的な放出方法などを発表したことについて、中国外務省は「間違った決定だ」として撤回するよう求めました。

東京電力は25日、福島第一原子力発電所でたまり続けるトリチウムなどを含む処理水について、基準以下の濃度に薄めたうえで、新たに作る海底トンネルを使って原発の1キロほど沖合から放出する方針を発表しました。

これについて、中国外務省の汪文斌報道官は、26日の記者会見で「日本側はこれまで国内外の疑問と反対を顧みず、海への放出という間違った決定を行ってきた。関係する当事者の懸念を解決しようという誠意が日本側に全くないことを物語っている」と批判しました。

そのうえで「日本には、国際社会や周辺国、自国民の声に真摯(しんし)に応え、間違った決定を直ちに撤回するよう求める」と述べ、中国などと十分に協議して合意に達するまで海への放出を行わないよう求めました。

処理水を放出する方針について日本政府は、IAEA=国際原子力機関の協力のもとで進めていくとしていますが、中国は、国連や太平洋周辺の諸国との会合などでも取り上げ、日本への批判を続けています。