抗がん剤「アブラキサン」 供給一時停止見通し 治療影響懸念も

すい臓がんなど複数のがんに使われる抗がん剤の供給が、ことし10月以降、一時的に停止する見通しになっていることがわかりました。関連する学会は、薬の投与が不可欠な患者を優先し代替治療ができる場合は切り替えを検討するよう、医療関係者に協力を求めることにしています。

この抗がん剤は大鵬薬品が販売する「アブラキサン」で、すい臓がん、乳がん、胃がん、肺がんの治療に使われ、国内では年間4万人が使用しています。

会社によりますと、輸入しているアメリカのメーカーから「製造工程の定期的な検証で再評価が必要となった」と連絡があったということで、すでに出荷調整に入っていて、ことし10月以降、少なくとも4週間は供給を一時的に停止する見通しだということです。

現在、流通している薬の品質に問題はないとしています。

日本臨床腫瘍学会によりますと、使用している患者のうち、すい臓がんの患者の中には代替薬がないケースもあり、治療への影響も懸念されるということです。

このため関連する学会が合同で、すでに治療を継続中で投与が不可欠な患者を優先し、代替治療ができる場合は切り替えを検討するよう医療関係者に協力を求めることにしています。

日本臨床腫瘍学会の石岡千加史理事長は「この薬を使って効果が出ている患者が供給停止によって効果が途絶えてしまう。患者の数が非常に多く治療の選択肢も少ないため、非常に影響が大きい」と話しています。

大鵬薬品は「医薬品の安定供給が確保できず、患者や医療関係者の皆様に多大な迷惑をおかけし心よりおわびします」としています。

患者団体が厚労省や大鵬薬品などに要望書

大鵬薬品は供給停止の理由について「アメリカのメーカーから『製造工程の定期的な検証で再評価が必要になった』と連絡を受けた」などと説明していますが、詳しい内容は明らかにできないとしています。

一方、全国のがん患者会でつくる「全国がん患者団体連合会」は厚生労働省や大鵬薬品などに要望書を提出しました。

要望書では、アブラキサンはすい臓がん、乳がん、胃がん、肺がんの治療のために重要であり、特にすい臓がんの治療には不可欠で、死活問題になりかねない状況だとしています。

このため
▽供給停止に至った理由や対応策、今後の見通しなどについて速やかに情報公開を行うことや
▽医療機関での在庫を把握して、特に必要とする患者に対して適切に配分されるようにすること
▽最新の状況をホームページなどで公開することを
求めています。

全国がん患者団体連合会の天野慎介理事長は「何が起きているのか情報提供がなく、患者からは治療はどうなってしまうのかという不安の声が寄せられている。治療難民が生まれかねない状況だ」と指摘しています。

そのうえで「過去にも別のメーカーで抗がん剤の供給が止まったことはあったが、今回のように複数のがんで広く使われている薬はなかった。安定供給は製薬企業の使命なので、供給停止の理由の説明や患者への対応などについて責任をもって説明してもらいたい」と話しています。