アフガニスタン国外退避 自衛隊による輸送 きのうは行われず

アフガニスタンに残る日本人などの国外退避に向けて、自衛隊の輸送機が現地時間の25日夜、首都カブールの空港に向かいましたが、退避を希望する人たちが空港に到着できておらず、25日は輸送は行われませんでした。活動期間が限られる中、自衛隊としては26日にできるだけ多くの人を輸送したい考えです。

アフガニスタンに残る日本人や大使館で働くアフガニスタン人スタッフなどの国外退避に向けて、自衛隊は輸送機3機を隣国パキスタンのイスラマバードに派遣しました。

このうち最初に現地に到着したC2輸送機が、現地時間の25日夜、カブールの空港に向かい、誘導などに当たる隊員を送り届けたということです。

C2輸送機は、退避を希望する人が空港にいればイスラマバードまで輸送する予定でしたが、空港に到着できた人はおらず、25日は輸送は行われませんでした。

日本政府は退避作業の安全性を確保するため空港までは自力で移動するよう求めていて、現地で混乱が続く中、たどりつくのが難しい人も少なくないとみられます。

自衛隊は26日、25日夜にパキスタンに到着したC130輸送機2機でカブールとの間を往復し、退避を求める人をイスラマバードに送る予定です。

日本政府が国外退避を求める人の輸送を行うのはアメリカ軍が現地から撤退するまでの期間に限るとする中、バイデン大統領は今月末としている撤退期限を延長しない方針です。

活動期間が限られる中、自衛隊としては26日にできるだけ多くの人を輸送したい考えです。