社会

政府専用機 パキスタンへ出発 アフガンの日本人など国外退避へ

アフガニスタンに残る日本人などの国外退避をめぐり、26日午後、政府専用機が自衛隊の活動拠点となっている隣国・パキスタンに向けて出発しました。
政府専用機は26日昼すぎ、運用する部隊が所属する北海道の千歳基地から愛知県の小牧基地に向かい、資機材を積み込んだあと、待機していた自衛隊員が乗り込みました。

そして、午後4時半すぎ、小牧基地から、自衛隊の活動拠点となっているパキスタンのイスラマバードに向けて出発しました。

今のところ、隊員や資機材を届けたあと、退避を希望する人の輸送は行わず日本に戻る予定になっているということです。

政府専用機について、防衛省は24日、早ければ25日にも追加派遣すると発表し、25日は小牧基地で出発の準備をしていましたが、「運航に必要な準備が整うまで待機する」として、いったん、千歳基地に戻していました。

陸上幕僚長「現地の情勢は非常に流動的 柔軟な運用が必要」

陸上自衛隊トップの吉田圭秀陸上幕僚長は26日の会見で、アフガニスタンに残る日本人などの国外退避に向けた活動について、現地の流動的な状況の中で、柔軟に対応を進めていく必要があるとの考えを示しました。

今回の任務では退避する人たちを、空港内で自衛隊の輸送機まで誘導するために、陸上自衛隊の隊員も派遣されています。

アフガニスタンでは連日、首都カブールの空港に大勢の人が押し寄せるなど混乱が続いていますが、吉田陸上幕僚長は現地の状況について「アメリカ軍が行う空港内と周辺における安全確保によって、航空機の離着陸は行われており、安全な輸送を実施することができると考えている」と認識を示しました。

政府専用機の追加派遣など当初の計画に変更を加えながらの任務となっていることについては「今回はアメリカ軍が今月末を撤収期限としており、早期に現地に入り、活動を開始しなくてはならないという特性がある。また現地の情勢は非常に流動的で、現地と日本国内の指揮官が柔軟に運用を進めていくことが大切だ」と述べました。

そのうえで「在留邦人などを把握する外務省、タリバン側、アフガニスタンの他国軍とも連絡をとりながらやらねばならないオペレーションだろうと感じる。あらゆる手段で情報収集し任務を進めていくことが重要だ」と述べました。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。