福岡県警 司法関係者の警護強化へ 工藤会トップ「後悔」発言で

殺人などの罪に問われ、24日死刑判決を受けた北九州市の特定危険指定暴力団「工藤会」のトップが、裁判長に向かって強い口調で「公正な判断ではない。生涯、後悔する」という趣旨の発言をしたことなどを受けて、福岡県警察本部は司法関係者に危険が及ぶおそれがあるとして警護をさらに強化する方針です。

特定危険指定暴力団「工藤会」が、平成10年から26年にかけて、北九州市や周辺の地域で漁協の元組合長を射殺したほか、元警察官や看護師ら3人を拳銃や刃物で襲った事件で、殺人などの罪に問われた組織のトップで総裁の野村悟被告(74)に対し、福岡地方裁判所は24日、死刑を言い渡しました。

警察などによりますと、野村被告は判決の言い渡しの直後、裁判長に向かって強い口調で「公正な判断をお願いしたけど全然、公正じゃないね」、「生涯、後悔する」という趣旨の発言をしました。

福岡県警は、これまでも今回の裁判に関わる司法関係者の警護をしてきましたが、組織のトップが死刑判決を受けたことや、野村被告の裁判長への発言などを受け、危険が及ぶおそれがあるとして警護をさらに強化する方針です。

一方、野村被告の弁護士によりますと、被告は判決を不服として控訴する意向を示しているということです。