アフガン退避 追加派遣の政府専用機 基地に戻る「準備整わず」

アフガニスタンに残る日本人などの国外退避に向けて、防衛省は25日にも政府専用機1機を追加派遣するとしていましたが、出発の準備を進めていた政府専用機は、25日午後、北海道の基地に戻りました。
防衛省は「運航に必要な準備が整わないため」としています。

アフガニスタンに残る日本人や、大使館で働くアフガニスタン人スタッフなどの国外退避に向けて、国内で待機する自衛隊員を速やかに現地に向かわせるため、防衛省は24日夜、政府専用機1機を早ければ25日にも追加派遣すると発表しました。

政府専用機は25日午前、愛知県の小牧基地で出発に向けた準備を進めていましたが、午後になって小牧基地を離陸し、午後2時前、運用する部隊が所属する北海道の千歳基地に戻りました。

防衛省は「運航に必要な準備が整わないため」と説明しています。

防衛省は、政府専用機の派遣や待機している隊員の取り扱いについて、引き続き検討を進めています。