白金高輪駅 液体かけられ2人やけど 逃げた男の画像公開 警視庁

24日夜、東京 港区の駅の構内で20代の男性が男に突然液体をかけられ顔などにやけどを負う大けがをしたほか、近くにいた女性も足にやけどを負いました。液体は硫酸とみられるということで、警視庁は防犯カメラの画像を公開して逃げた男の行方を捜査しています。

警視庁や東京消防庁によりますと、24日午後9時すぎ、東京 港区の地下鉄・白金高輪駅の構内で22歳の会社員の男性がエスカレーターに乗っていたところ、男に追い抜きざまに突然、液体をかけられました。

男性は顔などにやけどを負う大けがをして病院に搬送されたということです。

また、男性の後ろにいた34歳の女性も床に飛び散った液体で滑って転倒し、足に軽いやけどを負いました。

男はそのままエスカレーターで駅を出て逃走したということです。

警視庁によりますと、液体は硫酸とみられ、ガラスの瓶に入った状態で男が手に持っている姿が駅の防犯カメラに写っていたということです。

逃げた男は、年齢が30代から50代くらい、身長が1メートル75センチくらいの小太りで、いずれも黒いポロシャツとズボン、野球帽、それにショルダーバッグのほか、白い手袋とマスクを身に着けていたということです。

警視庁は防犯カメラの画像を公開して情報の提供を呼びかけるとともに、行方を捜査しています。

情報は、高輪警察署の捜査本部03-3440-0110で受け付けています。