アフガン退避で政府専用機派遣へ 自衛隊員や物資を輸送

アフガニスタンに残る日本人や、大使館で働くアフガニスタン人スタッフなどの国外への退避をめぐり、防衛省は、国内で待機している自衛隊員をすみやかに現地に向かわせるため、25日にも政府専用機1機を、活動拠点を置くパキスタンに追加派遣します。アメリカ軍の撤退期限が迫る中、退避を急ぐ必要があると判断したということです。

アフガニスタンからの日本人などの国外退避に向けて24日、航空自衛隊のC2輸送機1機とC130輸送機2機が相次いで日本を出発しました。

C2輸送機は日本時間の24日夜、自衛隊の活動拠点が置かれるパキスタンの首都、イスラマバードに到着し、C130輸送機も25日中に到着する予定です。

一方、派遣される予定の自衛隊員の一部は国内で待機していて、防衛省はすみやかに現地に向かわせるため、25日にも政府専用機1機を追加派遣し、イスラマバードに向かわせます。

日本政府は、国外退避を求める人の輸送を行うのはアメリカ軍が現地から撤退するまでの期間に限るとしていて、防衛省としては、アメリカ軍の撤退期限が今月末に迫る中、退避を急ぐ必要があると判断したということです。

政府専用機は、隊員と、食料や水など必要な物資を届けたあと、国外退避を求める人を輸送する任務には参加せず、日本に戻る予定です。