尖閣 上陸申請 “政府関係者除き認めない方針で判断”官房長官

沖縄県石垣市が尖閣諸島の新しい字名を記した行政標識の設置に向けて、島への上陸申請を行うとしていることについて、加藤官房長官は、原則として政府関係者を除き上陸を認めないとの方針にのっとって判断する考えを示しました。

沖縄県石垣市は、尖閣諸島の各島に設置したいとしている新しい字名を記した行政標識を完成させ、今後、設置に向けて、島への上陸申請を国に行うとしています。

これについて、加藤官房長官は記者会見で「政府としては、尖閣諸島および周辺海域の安定的な維持管理という目的のため、原則として、政府関係者を除き、なんびとも尖閣諸島への上陸を認めないとの方針をとっている」と述べました。

そのうえで「尖閣諸島への上陸に関する申し出があった時には、この方針にのっとって判断することになると考えている」と述べました。