西村大臣“国民の命 健康守るため しっかり医療体制の確保を”

新型コロナウイルス対策をめぐり西村経済再生担当大臣は、入院を待たざるをえない患者を一時的に受け入れる施設などを視察し、医療提供体制の確保を進めるとともに、医療への負荷を軽減させるためにも、感染を抑え込む必要があると強調しました。

入院“待機”の患者を一時的受け入れる施設など視察

西村経済再生担当大臣は24日午前、東京 葛飾区の病院を訪れ、新型コロナウイルスに感染して入院を待たざるをえない患者を一時的に受け入れる施設や、軽症や中等症向けの「抗体カクテル療法」を行っている病床を視察しました。

このあと西村大臣は記者団に対し「何より重要なのは、国民の命と健康を守るために、必要な医療をしっかり受けられる体制を確保することだ。厚生労働省を中心に、東京都や、それぞれの自治体と連携しながら取り組んでいきたい」と述べました。

そのうえで「感染を抑えないと、医療現場のぎりぎりの厳しい状況が、さらに厳しくなるので、どういった対策が有効で、国民の理解と協力をいただけるのか、さまざまな角度から検討を急ぎたい」と述べ、医療への負荷を軽減させるためにも、感染を抑え込む必要があると強調しました。