名古屋 河村市長「メダルかみ」問題で市職員に手書きの謝罪文

名古屋市の河村市長は、東京オリンピックで活躍したソフトボール選手の金メダルをかんだ問題で、批判の電話などに対応した職員たちに迷惑をかけたとして23日、市の職員に対して手書きの謝罪文を出しました。

名古屋市の河村市長は、東京オリンピックのソフトボールで金メダルを獲得した、後藤希友投手が今月4日に市役所を訪れた際、金メダルをかんだほか、後藤投手に対して「恋愛禁止か」などと発言していました。

名古屋市によりますとこうした行為や発言について、市には今月20日までに1万4891件の批判の声がメールや電話などで寄せられたということです。

こうした状況を受け、河村市長は23日、市の職員に対して手書きの謝罪文を出しました。
謝罪文では、数多くの電話やメールなどで業務に迷惑をかけているとしたうえで、「すべて私が悪かったことだ」として職員に謝罪しています。

河村市長は、記者団から謝罪文を手書きにした理由について問われ「自分のことなので。下手な字で申し訳ないけど」と述べました。

この問題をめぐって、河村市長はすでに、みずからの給与3か月分を返上する考えを示しています。