将棋 藤井聡太二冠 “三冠” かけた「叡王戦」は最終局へ

将棋の藤井聡太二冠が史上最年少での「三冠」をかけて挑んだ「叡王戦」五番勝負の第4局でタイトルを持つ豊島将之二冠が勝って2勝2敗の五分に持ち込みました。
勝負の行方は9月の最終局へともつれ込みました。

将棋の八大タイトルの1つ、「叡王戦」の五番勝負は、「叡王」と「竜王」のタイトルを持つ豊島二冠(31)に、「王位」と「棋聖」を持つ藤井二冠(19)が挑み、ここまで藤井二冠が2勝1敗として、タイトル獲得に王手をかけていました。

22日、名古屋市のホテルで行われた第4局では、終盤、先手の豊島二冠が厳しい攻めを的確に受けて反撃に転じ、午後5時40分、91手までで藤井二冠を投了に追い込んで、2勝2敗の五分に持ち込みました。

これで勝負の行方は、最終局にもつれ込むことになり、▽藤井二冠が勝って「叡王」のタイトルを奪えば、これまでの記録を28年ぶりに塗り替えて史上最年少での三冠となる一方、▽豊島二冠が勝てば、自身初の「叡王」のタイトル防衛を果たします。

勝った豊島二冠は対局のあと「なんとか追いついたという感じです。次は最終局なので悔いのないように指したい」と話していました。

一方の藤井二冠は「早い段階で形勢を損ねてしまいました。本局は完敗だったので、最終局は精いっぱい戦って勝負どころを作れるようにしたい」と話していました。

勝負が決する「叡王戦」五番勝負の第5局は、9月13日に東京の将棋会館で行われます。