子ども向け「はじめての防衛白書」 ホームページで公開 防衛省

防衛省は、「はじめての防衛白書」と題した子ども向けの防衛白書をホームページで公開しました。

防衛政策の基本方針については、「日本から何か奪うのは難しいと他の国に思わせることが必要」などと解説しています。

今月16日に防衛省のホームページで公開された「はじめての防衛白書」は、小中学生にも理解してもらえるよう、分かりやすい表現を心がけていて、防衛政策の基本方針について「日本がきちんと自分たちの国を守る意思と能力を周りに示し、日本から何かを奪うのは難しいと他の国に思わせることが必要」などと説明しています。

そして、「専守防衛」については、「外国から武力による攻撃を受けたときにはじめて防衛力を用い、その場合であっても、日本を守るために必要最小限にとどめる」などと解説しています。

このほか、日本周辺の安全保障環境については、「世界の中でも大きな軍事力を持つ国が集まっているだけでなく、軍事力をさらに強化したり、軍事活動を活発化させたりしている」としたうえで、中国について「詳しい説明をしないまま、速いペースで軍隊にかけるお金を増やしている」などと指摘しています。

防衛省は、日本の防衛には若い世代の理解が不可欠だとして、今後も情報発信に努めたいとしています。