米テスラ 人型ロボット開発へ 自動運転技術生かす

アメリカの電気自動車メーカー、テスラは、AI=人工知能など自動運転で培った技術を使って、人型ロボットの開発に乗り出すと発表しました。

将来的には、人間に代わって危険な作業などを担えるようにするとしています。

これは、テスラのイーロン・マスクCEOが19日、アメリカ・カリフォルニア州の本社で開いたイベントで明らかにしました。

それによりますと、開発するのは「テスラ・ボット」と名付けた人型ロボットです。

高さ約1メートル72センチ、重さ約57キロで、イメージ図では胴体や手足は白く、顔の部分はさまざまな情報が表示できる黒いスクリーンになっています。

また、人間に脅威を与えないよう動く速さは時速約8キロ、持ち運べる重さは約20キロに設定するということです。

開発にはAIをはじめ、センサーやバッテリーなど、車の自動運転で培った技術を生かし、試作品は来年の完成予定だとしています。

マスクCEOは、このロボットは人間に代わって車の修理や買い物、それに危険な、または繰り返しが多く退屈な作業を担うようになるとしたうえで「将来的に、肉体労働はしたくなければしなくてよくなる。労働をもとに成り立っている経済にとって、このロボットの登場は深い意味を持つことになるだろう」と述べました。

製品化は未定としていますが、マスク氏は電気自動車や宇宙開発事業などで技術革新を実現してきただけに、今回の参入はロボット技術の分野にも大きな影響を与える可能性があります。