広島県 新型コロナ 375人感染確認 過去最多

広島県では20日、過去最多となる375人の感染確認が発表されました。

感染確認が発表されたのは、
▽広島市で205人、
▽福山市で85人、
▽東広島市で34人、
▽呉市で14人、
▽廿日市市で8人、
▽大竹市、尾道市、三原市でそれぞれ4人、
▽三次市、庄原市、府中町、熊野町、県西部を担当する西部保健所の管内でそれぞれ2人、
▽江田島市、海田町、坂町、北広島町でそれぞれ1人、
▽それに東京都、茨城県、岡山県から県内を訪れた3人の合わせて375人です。

これで広島県内での感染確認は延べ1万5179人となりました。