発熱外来訪れる患者が急増 救急搬送に影響も 埼玉 川口

新型コロナウイルスの感染者が急増する中、埼玉県川口市の病院では、発熱外来を訪れる患者が急増し、救急患者の受け入れを断らざるをえないケースが出ています。

「感染者を減らす以外にこの状況を改善する方法はない」

川口市の埼玉協同病院は内科や外科、小児科などの診療科がある399床の中規模病院で、年間4000件の救急搬送を受け入れています。

去年4月には発熱外来を設け、発熱やせきなどの症状がある患者をプレハブの診察室で受け入れていますが、病院によりますと、これまで多いときでも1日平均で4、5人だった発熱外来を訪れる患者の数が先週くらいから急増し、最近では1日平均60人ほどの状態が続いているということです。

発熱外来を訪れた患者の待合室もスペースが足りなくなり、今月11日からは1階の食堂を閉鎖して仮の待合室にしています。

発熱外来を訪れる患者のうち、およそ半数は新型コロナウイルスの感染が確認されるということです。

中には血中の酸素飽和度が80%台にまで落ち込み、救急部門で緊急の処置をしなければならない患者もいるため、ほかの救急患者の受け入れを一時的に断らざるをえないケースも出ているということです。

埼玉協同病院の守谷能和救急科長は「感染者を減らす以外に、この状況を改善する方法はないと思う。そのために私たち、市民、行政も最大限の力を発揮しないと、この波は乗り切れないと痛感している」と話していました。