みずほ銀行 システム障害 「一部の取り引き除きほぼ復旧」

みずほ銀行とみずほ信託銀行でシステム障害があり、20日朝から全国の店舗で窓口での振り込みなどの取り引きができない状態になりました。みずほフィナンシャルグループによりますと、外国への送金など一部の取り引きを除いてほぼ復旧したとしています。

みずほ銀行とみずほ信託銀行では、19日午後9時すぎから店頭での取り引きを行うシステムで機器の障害が発生し、2つの銀行の全国合わせておよそ500の店舗で20日朝から窓口での振り込みや入金などの取り引きができない状態になりました。

復旧作業を進めた結果、午前10時前に外国への送金など一部の取り引きを除いてほぼ復旧したということです。

みずほ銀行では、ことし2月末から3月半ばの2週間足らずの間にも4件のシステム障害が立て続けに発生しています。この一連のシステム障害をめぐっては、金融庁が今も検査を続けています。

また、みずほフィナンシャルグループの坂井辰史 社長や、みずほ銀行の藤原弘治 頭取らグループの役員11人の報酬を削減する社内処分を、ことし6月に発表したばかりです。

みずほ銀行は「お客様に多大なご迷惑をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます」と話しています。

みずほフィナンシャルグループは20日午後にも記者会見して原因などを説明するとしています。

対策求める声

みずほ銀行とみずほ信託銀行で起きたシステム障害で、大阪 中央区の支店でも窓口での振り込みなどができない状態になり、利用客からは対策を求める声が聞かれました。

みずほ銀行とみずほ信託銀行では店頭での取り引きを行うシステムで機器の障害が発生し、大阪 中央区の「みずほ銀行船場支店」でも、20日朝から窓口での借り入れや返済などの取り引きができない状態になりました。

このため、入り口には状況を知らせる紙が掲示され、担当者が訪れた人に利用可能なATM=現金自動預け払い機を使うよう案内していました。

みずほ銀行では、ことし2月末から3月半ばの2週間足らずの間にも4件のシステム障害が立て続けに発生しています。

訪れた74歳の会社経営の男性は「みずほ銀行では、これまでもトラブルが繰り返されていて、またかと思う。きょうは決済に関わる大事な日で、影響を受ける企業や店も多いのではないか。しっかり対策をとってほしい」と話していました。

銀行では復旧作業を進めた結果、午前10時前に外国への送金など一部の取り引きを除いてほぼ復旧したということです。

費用負担が生じた場合 個別に相談 対応したい

入金や出金、それに振り込みなどの中には店舗の窓口でしかできない取り引きがあります。

みずほ銀行によりますと、個人の場合、▽最大で200万円を超える現金の引き出しや、▽学校専用の用紙を使った学費の振り込みは、窓口でしか取り扱いができません。

みずほ銀行は今回のシステム障害の影響で、顧客に何らかの費用負担が生じた場合には個別に相談にのり、対応したいとしています。

加藤官房長官「誠に遺憾」

加藤官房長官は閣議のあとの記者会見で「金融庁から、システムの速やかな復旧と顧客影響の最小化を図るべく対応するよう指示しており、全力で対応がなされているものと承知している」と述べました。

そのうえで「みずほ銀行では、ことし2月から3月にかけて、4回、障害の発生を起こし、個人や法人の利用者にも大きな影響を及ぼしているところだ。こうした中で、今回の事態が生じていることは、金融機関の信頼を大きく損なうものであり、誠に遺憾だ。原因究明と再発防止の徹底に向けて、同行のみならず、所管省庁である金融庁においても、しっかりと対応していきたい」と述べました。