みずほ銀行でシステム障害 全国の店舗窓口で取り引きできず

みずほ銀行とみずほ信託銀行でシステム障害があり、20日朝から全国の店舗で窓口での振り込みなどの取り引きができない状態になっています。ATMやインターネットバンキングは利用できるということで、復旧を急いでいます。

みずほ銀行とみずほ信託銀行では19日午後9時すぎから店頭での取り引きを行うシステムで機器の障害が発生し、2つの銀行の全国の店舗でけさから窓口での振り込みや入金などの取り引きができない状態になっています。

一方、ATM=現金自動預け払い機やインターネットバンキングの利用はできるということで、必要な取り引きについては近くのATMやネットバンキングを利用するよう呼びかけています。

銀行では、原因を調べるともに復旧を急いでいますが、今ののところ復旧の見通しはたっていないということです。

みずほ銀行では、ことし2月末から3月半ばの2週間足らずの間にも4件のシステム障害が立て続けに発生しています。

ことしすでに4回発生 1回目はATMの80%が利用不能に

みずほ銀行は、ことし2月28日から3月12日までの2週間足らずで、4回のシステム障害が立て続けに発生しました。

このうち1回目は、定期預金口座のデータを移行する作業中に障害が発生し、全国にあるみずほ銀行のATMの80%が利用できなくなりなりました。

この影響で、ATMからキャッシュカードや通帳を取り出せないトラブルが5200件余り起き、店舗などで長時間待たされた人も相次ぎました。

その後3月3日には、東京や大阪などで一部のATMが使えなくなったほか、7日にも、インターネットバンキングで定期預金の預け入れが一時できなくなりました。

さらに、3月12日、システム関係の機械の故障によって4回目の障害が発生し、およそ500億円に上る外貨建ての送金処理に遅れが出ました。

都内の支店では

東京 渋谷区にある店舗では、入り口にシステム障害によって店頭での取り引きができないことを知らせる貼り紙が掲示されていました。

また、店舗を訪れた客たちからの問い合わせに対し、従業員が説明を行う様子も見られました。

店舗を訪れた40代の女性は「きょうは五十日で会社の経費の支払いがあったので来ました。窓口ではシステム障害について説明を受けましたが、支払いができず会社の業務にも影響します。たびたびシステム障害が発生すると、不安になります」と話していました。

専用問い合わせ窓口を開設

みずほ銀行では今回のシステム障害を受けて、専用の問い合わせ窓口を設けています。

電話番号は0120-324-776で午前8時半から午後5時まで受け付けています。

みずほ信託銀行の問い合わせ窓口の電話番号は0120-065-930です。

午前8時半から午後5時まで受け付けています。