俳優の千葉真一さん死去 82歳 新型コロナ感染による肺炎

大胆なアクションで知られ、映画やテレビドラマなどで活躍した俳優の千葉真一さんが19日夕方、新型コロナウイルスの感染による肺炎のため千葉県内の病院で亡くなりました。82歳でした。

千葉さんは福岡市で生まれ、大学で体操を学んだ後に俳優をめざし、昭和35年、テレビの特撮ヒーロー番組の主人公役でデビューしました。

そして、テレビドラマや映画でみずからスタントをこなすなど、アクション俳優としての地位を確立しました。

その後、任侠ものや時代劇などに活躍の場を広げ、平成19年に放送されたNHKの大河ドラマ「風林火山」では、武田信玄の育ての親で重臣の板垣信方役として重みのある演技を見せました。
また、千葉さんは「サニー・チバ」の愛称で海外でも積極的に活動し、平成15年に公開されたクエンティン・タランティーノ監督の映画「キル・ビル」では、出演だけでなくアクションの指導も務めました。

さらに後進の育成にも取り組み、千葉さんが設立したアクション俳優の養成塾では真田広之さんや堤真一さんなど多くの俳優が学びました。

マネジメント会社によりますと、千葉さんは今月に入って新型コロナウイルスの感染が確認され、自宅で療養し、その後、症状が悪化したため8日から入院して治療を受けていましたが、19日夕方、千葉県内の病院で肺炎のため亡くなりました。

82歳でした。

本人の意思でワクチンは接種していなかったということです。

「ひと事とは思えない」「鍛えた人でも亡くなってしまう」の声も

俳優の千葉真一さんが新型コロナウイルスの感染による肺炎で亡くなったことについて東京の新橋駅前で話を聞きました。

50代の男性は「千葉さんの作品は、主演を務めた『戦国自衛隊』の頃からみています。千葉さんまで新型コロナで亡くなるなんて、感染がひと事とは思えません。日本のアクションを築いた第一人者で亡くなったと聞いて本当に悲しいです」と話していました。

50代の女性は「千葉さんと言えばテレビドラマの『キイハンター』を思い出します。アクション俳優として体を鍛えてた人でも新型コロナで亡くなってしまうと聞いてとても驚きました。感染にはさらに気をつけないといけないなと思いました」と話していました。

家族や親交のあった人から追悼のコメントが次々に

千葉さんが亡くなったことを受けて、家族や親交のあった人から追悼のコメントが次々と寄せられています。

長女で俳優の真瀬樹里さんは、所属事務所を通じてコメントを発表し、「一報を受け、仕事後駆けつけましたが、最期に立ち会うことはできず…。しかし、顔を見て、お別れと伝えたい事を言うことはできました。苦しんだとは思えないほど、穏やかな顔をしておりました」と最期の様子を振り返りました。

そのうえで「少し前に、電話で父の元気な声を聞いたばかりでした。私にとっても突然のことで、まだ現実感がありません。ただただ悔しいです…天国から、両親が見守ってくれていることを信じて、胸を張って見せられる仕事ができるよう、精一杯生きていきたいと思います。父の遺した作品を、これからも愛し続けて頂けたら幸いです」などとしています。

また千葉さんが設立したアクション俳優の養成塾で学んだ、俳優の真田広之さんもコメントを発表し「子役の頃から、様々な事を学ばせて頂きました。何よりも、夢を抱くことの大切さを。志を受け継ぎ、走り続ける事が恩返しと心得ております。本当にお世話になりました。安らかにおやすみ下さい。合掌」とつづっています。