米EVメーカー テスラ 北海道に余剰電力ためる大型蓄電所建設へ

アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」が、北海道に大型の蓄電所を建設することを明らかにしました。電力の小売りを手がける、いわゆる「新電力」などと組んで太陽光など再生可能エネルギーで発電された電力を蓄え、必要な時に供給する事業を行うとしています。

テスラは19日、電力の小売り事業者、いわゆる「新電力」などと組んで北海道の千歳市に大型の蓄電所を建設すると発表しました。

蓄電できる電力は6000キロワットアワーで、4人家族のおよそ500世帯が1日に消費する量に相当するということです。EV=電気自動車に使われるバッテリーの技術を活用して、太陽光や風力といった再生可能エネルギーで発電された電力をいったん蓄電所にためておき、発電量が少ないなど、必要な時に供給する計画です。

テスラはEV向けに大量のバッテリーを調達していることなどから、蓄電所の建設コストを低く抑えられるとしていて、すでにアメリカやオーストラリアでは建設に乗り出し、日本でも蓄電所を軸とした電力ビジネスの拡大を検討しているということです。

再生可能エネルギーは天候により発電量が大きく変動することが課題となっていますが、余った電力を低コストで蓄えることができれば、さらなる普及の後押しにつながるため、こうした蓄電所を増やす動きが今後、国内で広がるか注目されます。