“五輪開幕時より状況悪化 パラ学校観戦慎重判断を” 尾身会長

東京パラリンピックでの子どもたちの観戦をめぐり、政府の分科会の尾身会長は、参議院内閣委員会で、オリンピックの開幕時と比較すると感染状況が悪化しているとして、慎重に判断すべきだという認識を示しました。

この中で政府の分科会の尾身会長は、24日に開幕する東京パラリンピックで実施されることになった、学校連携観戦チケットによる子どもたちの観戦をめぐり「オリンピックの開始の時期と比較すると、状況はかなり悪くなっている。観客を入れるのはどういうことかは、考えて頂ければ当然の結論になる」と述べ、観戦の実施は慎重に判断すべきだという認識を示しました。

また急激な感染拡大が続いていることに関連して「難しい状況になっているが『打つ手がない』と言った瞬間にさらに悪化する。宿泊療養施設や臨時医療施設の増設はぜひやって頂きたい」と述べ、医療施設などの増設を急ぐよう求めました。

そのうえで「国と自治体が今まで以上にリーダーシップを取る時期で、特別措置法をフルに活用して必要な対策をすべて打って頂きたい。ワクチンは非常に重要な政策の柱だが、柱は1本だけでなく2本、3本、4本必要だ」と述べました。

東京都 小池知事 子どもたちの観戦 予定通り実施

東京パラリンピックの会場で子どもたちに競技を見てもらう取り組みをめぐり、政府の分科会の尾身会長が、感染状況が悪化しているとして慎重に判断すべきだという認識を示したことについて、東京都の小池知事は、「尾身会長はオリンピックの際も同様の指摘をされていたと思うが、安全安心の大会としてオリンピックをやりきった経験を生かしてパラリンピックに臨みたい」と述べました。

そのうえで「希望する子どもたちが実際にパラリンピアンの努力や姿を見ることは、教育的な価値が高いと考えている」と述べ、予定どおり実施する考えを示しました。

そして、「皆さんにパラリンピックでいろいろと感じていただきたい。安全安心に開く大会にご協力いただきたい」と述べました。