愛知県 新型コロナ 1人死亡 1227人感染確認 初の1000人超

愛知県は、県内で新たに1227人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

愛知県内で1日に発表された感染者数としては、これまでで最も多かった17日の967人を大きく上回り、初めて1000人を超えました。

愛知県内での感染確認は延べ6万3134人になりました。

また名古屋市は、新型コロナウイルスに感染して医療機関に入院していた90代の女性1人が、16日死亡したと発表しました。

愛知県で死亡した感染者は1020人になりました。

大村知事「緊急事態宣言の要請は時間の問題」

愛知県の大村知事は、記者会見で「大変厳しい。全国的に最多を更新する傾向が続いているので、愛知だけ例外というのはありえない。今の感染拡大の傾向は変わらないと思うので、緊急事態宣言の要請は時間の問題だ」と述べました。

そのうえで「これだけ新規陽性者が増えていれば入院患者は間違いなく増えていく。ステージ4になるのが確実だとなれば、そうなる前に緊急事態宣言を要請することはありえる。要請の時期については適切に対応したい」と述べ、国に宣言を要請する時期を検討する考えを示しました。

愛知県では、17日夜の時点で、新型コロナウイルスに感染して入院している患者の数が613人、感染者のための病床の使用率がステージ3に相当する37.3%となっています。