政府 在アフガニスタン大使館職員を国外退避 大使館は一時閉鎖

アフガニスタン情勢の急速な悪化を受け、日本政府は17日、現地の大使館職員12人を国外に退避させました。首都カブールにある日本大使館は一時閉鎖し、トルコのイスタンブールに臨時事務所を設けて業務を継続することになりました。

反政府武装勢力タリバンの進攻でアフガニスタンの政権が崩壊し、治安情勢が急速に悪化していることを受け、日本政府は17日、現地の大使館職員12人をイギリスの軍用機でUAE=アラブ首長国連邦のドバイに退避させました。

また、アフガニスタンの首都カブールにある日本大使館は15日をもって一時閉鎖し、トルコのイスタンブールに臨時事務所を設けて業務を継続することになりました。

外務省によりますと、アフガニスタンにはまだ若干名の日本人が残っているということです。

外務省は、危険情報としてはもっとも高いレベルの「退避勧告」を出し、現地に残る日本人に早期の退避を促すとともに、目的のいかんを問わず、アフガニスタンへの渡航はやめるよう呼びかけています。