“地方で本社の仕事を” 大企業で新たな働き方の導入始まる

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリモートワークの活用が進む中、大手企業の間では地方に住みながら東京にある本社の仕事ができるようにするなど新しい働き方の導入が始まっています。

このうち損害保険大手の東京海上日動は、引っ越しを伴う転勤はしないことになっている社員が東京にある本社の部署に所属し、リモートで仕事ができるようにする新たな仕組みを来年4月から始めます。

まずは本社のIT戦略や人事、商品開発などの部署が対象で社員は地方の自宅や近くの支店などで仕事をして必要に応じて本社に出張することにしています。

地方に住み、リモートで本社の仕事をする働き方は明治安田生命も来年4月の本格的な導入に向けて試験的に始めています。

また、トヨタ自動車は今月から職種などに応じてリモートワークを原則として職場から遠く離れた地域に住みながら働くことができる新たな制度を始めています。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに大手企業の間ではリモートワークの活用で仕事と育児や介護などの両立を可能にする働き方の導入が始まっています。