長野 岡谷市 土石流が住宅に流れ込み 母親と子ども2人が死亡

15日朝早く、長野県岡谷市で土石流が発生して、住宅にいた5人が巻き込まれ、このうち40代の母親と小・中学生の息子2人の合わせて3人が死亡しました。

15日午前5時半ごろ、長野県岡谷市川岸東で土石流が発生し、住宅に土砂が流れ込みました。

この住宅にいた8人のうち5人が巻き込まれ、全員消防に救助されましたが、このうち3人が死亡しました。

岡谷市によりますと、死亡したのは、隣接する辰野町に住む巻渕友希さん(41)と、息子で中学1年生の春樹さん(12)、それに小学2年生の尚煌さん(7)です。

また、ほかに巻き込まれた40代の男性と10代の男性が軽いけがをしました。

市によりますと、現場は「土砂災害特別警戒区域」に指定されている場所で、裏山が崩れて土石流が発生し、亡くなった3人は住宅の2階にいて、巻き込まれたということです。

当時、この住宅には巻渕さん夫婦と子ども3人のほか、親族3人の合わせて8人がいたということです。

避難指示は出されていませんでした。

市は、今後、専門家や県とともに土石流が発生した原因などを調べることにしています。

15年前にも土石流

土石流が発生した長野県岡谷市川岸東では、15年前にも土石流が発生して住民1人が亡くなっています。
当時、復旧活動にあたった男性は「行政などには災害の危険性がある場所をしっかり対策してほしい」と話していました。

岡谷市川岸東の林実英さん(86)は、今回の土石流の現場からおよそ2キロ離れた場所に住んでいます。

長野県内で13人が犠牲になった「平成18年7月豪雨」では、林さんの自宅近くでも土石流が発生し、場所によっては地面から高さ2メートルほどに達した水に近所の男性が巻き込まれて亡くなったということです。

林さんは「15年前の当日は朝起きたら付近一帯が泥の海になっていて、付近の畑の野菜は流され、亡くなった方の家は生きられる状態ではなく、地獄図みたいな感じでした」と振り返ります。

林さんは、地元の人たちでつくる災害対策委員会の委員長を務めて、川の堤防の設計を考えるなど復旧活動の中心的な役割を担いました。

林さんは、今回の災害について「ここと同じように自分の力ではどうにもならない土石流が起きてしまい、本当に気の毒です。行政などには災害の危険性がある場所をしっかり対策してほしい」と話していました。