住宅に土砂 閉じ込められた女性が救助される 福岡 添田町

15日未明、福岡県添田町の住宅に土砂が流れ込み、75歳の女性が閉じ込められましたが、およそ18時間後の午後7時半すぎに救助されました。女性は問いかけに答えるなど意識ははっきりしているということです。

15日午前1時40分ごろ、添田町落合の住宅で「土砂が家に流れ込んできて身動きが取れなくなっている」とこの家に住む75歳の女性から通報がありました。

女性は山側の1階の部屋にいて、腰のあたりまで流れ込んだ土砂につかって動けなくなっていたため、警察と消防が救助にあたりました。

住宅が倒壊するおそれがあったことから慎重に救助活動を進めた結果、通報からおよそ18時間がたった午後7時半すぎに女性を救助しました。

警察によりますと、女性は足にけがをしていて病院に運ばれましたが、問いかけに答えるなど意識ははっきりしているということです。

添田町では降り始めから15日午前1時までの間に8月の平均雨量の3倍近い、606.5ミリの記録的な大雨が降り、土砂災害警戒情報も発表されていました。