DaiGoさんの発言に抗議する声明 生活困窮者の支援行う4団体

作家やユーチューバーとして活動する「メンタリスト」のDaiGo(ダイゴ)さんが「ホームレスの命はどうでもいい」などとネット上で発言した問題で、生活困窮者の支援を行う4つの団体が、発言に抗議する声明を発表しました。

DaiGoさんは、今月7日、ユーチューブで配信した動画の中で「生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら、猫を救ってほしいと僕は思う」とか「自分にとって必要もない命は軽い。だからホームレスの命はどうでもいい。正直、邪魔だし、プラスにならない」などと発言して、ネット上で批判が相次ぎ、13日、「無知がまねいた失態だった」などと謝罪しました。

こうしたDaiGoさんの発言に対して14日、生活が困窮する人たちを支援する「つくろい東京ファンド」や「反貧困ネットワーク」などあわせて4つの団体が緊急の声明を発表しました。

声明では、DaiGoさんが多くのファンに影響力を持つ「インフルエンサー」であることを指摘した上で、「偏見を助長し、排除を誘導するものであり、さらに、命をつなぐ制度から人々を遠ざけ、生活困窮者を間接的に死に追いやる効果を持つ」としています。

また、謝罪について「他者の生きる権利について自分が判定できると考える傲岸(ごうがん)さは変わらない。自らの発言の問題点を真に自覚していると評価することはできない」としています。

「つくろい東京ファンド」の稲葉剛代表理事は「若い生活困窮者の中にはネット上のこうした発言によって支援や制度の利用をためらってしまうこともありえる。インフルエンサーの影響力と責任は大きく、社会全体がこうした発言を許さない姿勢を示すことが重要だ」と話しています。