暴行受け大けが 日本人ジャズピアニストが復帰ライブ NY

去年9月、アジア系の住民に対するヘイトクライムが相次いでいたアメリカ・ニューヨークで暴行を受け、大けがを負った日本人のジャズピアニストが、ニューヨークの名門ジャズクラブ「ブルーノート」で復帰ライブを行いました。

日本人ジャズピアニストの海野雅威さんは去年9月、ニューヨークの地下鉄で呼び止められ、8人の集団から暴行を受け右肩を骨折する大けがを負いました。

その後、日本に帰国して治療を受け、リハビリを続けてきましたが、13日、ニューヨークの名門ジャズクラブ「ブルーノート」で復帰ライブを行いました。

海野さんは、今も肩の可動域が制限されて痛みもあり2度目の手術を控えているということですが、けがの影響を全く感じさせず、ジャズ独特のリズム感で楽しそうに演奏を披露していました。
ライブを終えた海野さんは「仲間と一緒に音を出せることは決して、当たり前ではなくありがたいことだと実感しています。けがから復帰できてここにまた立てて感無量です」と話していました。

演奏を聴きに訪れたニューヨークに住む日本人の女性は「事件のことは鮮明に覚えているので、復帰に立ち会えてよかったです。事件の被害者だと知らなければ全くわからないくらい素敵な演奏で、聴けたことに感謝しています」と話していました。

アメリカでは人種差別や偏見によってアジア系の住民が襲われるヘイトクライムが増加していて、対策が課題となっています。