広島 尾道市を流れる御調川で「氾濫危険水位」超える

広島県によりますと尾道市を流れる御調川(みつぎがわ)は、市(いち)観測所で午後6時50分、氾濫危険水位を超えました。

御調川は、上流の丸門田観測所でも「氾濫危険水位」を超えています。

広島県は今後も水位が上がるおそれがあるとして安全を確保する行動を取るよう呼びかけています。