硫黄島近海の海底火山「福徳岡ノ場」で11年ぶりに噴火

小笠原諸島の硫黄島の南にある海底火山「福徳岡ノ場」で13日、11年ぶりに噴火が確認されました。海上保安庁は「噴火の規模が大きく、接近しての観測はできなかった」としていて、付近を航行する船舶や飛行する航空機に警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、13日午前6時20分ごろ、気象衛星「ひまわり」が、硫黄島の南およそ50キロにある海底火山「福徳岡ノ場」から噴煙が上がったのを観測したほか、海上保安庁も13日午後に航空機で観測を行い、噴火を確認したということです。

「福徳岡ノ場」から北におよそ90キロ離れた場所から撮影された写真では噴煙が太い柱のようになって立ち上がり、上空で広がっている様子が確認できます。

高度はおよそ6000メートルから撮影されたということで、噴煙の高さがうかがえます。

海上保安庁は「噴火の規模が大きく、接近しての詳細な観測はできなかった」としています。

さらに「ひまわり」の映像でも噴煙が西の海上へ数百キロにわたって流されているのが確認できます。

「福徳岡ノ場」で噴火が観測されたのは、2010年2月以来11年ぶりで、気象庁は周辺海域に発表していた噴火警報を継続し、付近を航行する船舶や飛行する航空機に警戒を呼びかけています。

福徳岡ノ場では、海上保安庁がことし6月に行った観測で周辺の海面が変色するなど火山活動の活発化が確認されていました。