日航機墜落事故から36年 群馬 上野村で追悼慰霊式

520人が犠牲となった日航ジャンボ機の墜落事故から12日で36年です。
墜落現場となった群馬県上野村では12日夜、追悼慰霊式が行われましたが、ことしも新型コロナウイルスの影響で、村や日本航空など一部の関係者だけが出席しました。

昭和60年8月12日、お盆の帰省客などを乗せた日本航空のジャンボ機が群馬県上野村の山中に墜落し、国内の航空機事故としては最も多い520人が犠牲になりました。

事故から36年の12日、村には墜落現場の「御巣鷹の尾根」を目指して、遺族などが慰霊の登山に訪れましたが、新型コロナや高齢を理由に断念した人もいたとみられ、12日午後4時の時点で訪れた人は、50家族143人と例年より少なくなっています。

また、午後6時からふもとにある「慰霊の園」で、追悼慰霊式が行われましたが、感染拡大を防ぐため、去年に続いて、ことしも遺族は参加せず、村や日本航空の関係者など20人ほどだけが出席しました。

式では、犠牲者の数と同じ520本のろうそくに火をともし、墜落時刻の午後6時56分に黙とうをして、犠牲者を追悼するとともに悲惨な事故が繰り返されることがないよう空の安全を祈りました。

一方、村などは遺族が式典の前に犠牲者を追悼できるよう準備し、村によりますと、70人ほどが献花に訪れたということです。