アフガニスタン “タリバン90日以内に首都制圧か” 米メディア

アフガニスタンでは、反政府武装勢力タリバンと政府軍との間で激しい戦闘が続いていて、アメリカの複数のメディアは、タリバンが首都カブールを90日以内に制圧するとの見方がアメリカ政府内で出ていると伝えました。

アフガニスタンでは8月末に控えたアメリカ軍の完全撤退を前に、反政府武装勢力タリバンが攻勢を強めていて、タリバン側は相次いで地方都市を制圧したと宣言しています。

アメリカの有力紙、ワシントン・ポストなど複数のメディアは11日までに、アメリカ政府関係者が情報機関の分析にもとづき、首都カブールが30日以内に孤立し、90日以内に制圧される可能性があると見ていると伝えました。

これについて、アメリカ国防総省のカービー報道官は11日、記者会見で「カブールの陥落を含め、報道されているような状況になるかはわからない。アフガニスタン政府が政治的、軍事的なリーダーシップを発揮するかにかかっている」と述べ、アフガニスタン政府の対応次第だという考えを重ねて示しました。

バイデン政権は8月末の撤退の予定に変更はないと強調していますが、アメリカメディアの間では急速な治安の悪化を受けて、その対応を懸念する見方が広がっています。