前線停滞 九州北部で大雨 北陸でも雨強く厳重警戒を

停滞する前線の影響で、九州北部では発達した雨雲が流れ込み続け、長崎県や熊本県では、この2日間で降った雨の量が観測史上最も多くなっているところがあります。この時間は北陸などでも雨が強まっていて、気象庁は土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒を呼びかけています。できるだけ安全な場所で過ごすようにしてください。

気象庁によりますと日本付近に停滞する前線の活動が活発になっている影響で、西日本や東日本の各地で雨雲が発達し、この時間は九州北部や中国地方、北陸などで雨が強まっています。

午前3時までの1時間には、
▽長崎市脇岬で52.5ミリの非常に激しい雨が降ったほか、
▽石川県志賀町で36ミリの激しい雨が降りました。

午前3時までの48時間に降った雨の量は、
▽長崎県雲仙岳で641.5ミリ
▽長崎県島原市で487.5ミリ
▽熊本県天草市本渡で444ミリに達し、いずれも観測史上最も多い、記録的な大雨となっています。

これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まり福岡県、長崎県、佐賀県、大分県、熊本県、鹿児島県、それに富山県、石川県、新潟県では「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

また、福岡県と熊本県、長崎県、それに佐賀県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。

気象庁は、九州や中国地方では「線状降水帯」が発生しやすい状況が続いているとして、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけています。

安全な場所にいる人は避難を続けるとともに、周囲の状況が悪化し避難場所への移動が危険な場合は2階以上の高い階で崖や斜面と反対側の部屋に移動するなど、今夜は少しでも安全な場所で過ごしてください。

今後の予想

今後の見通しです。

前線はしだいに北上し、西日本を中心にあすにかけて雷を伴って非常に激しい雨が降り、東日本や北日本でも激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

13日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、▽九州北部で300ミリ、▽九州南部と四国、中国地方で250ミリ、▽近畿と東海、関東甲信で200ミリ、▽北陸と東北で120ミリと予想されています。

その後、あす14日夕方までの24時間には、▽九州北部と南部、四国、中国地方、近畿、東海、それに関東甲信で200ミリから300ミリ、▽北陸で100ミリから200ミリ、▽東北で100ミリから150ミリと予想されています。

前線は今後1週間程度は本州付近に停滞し、湿った空気が流れ込み続けるため、一度雨が弱まっても再び強まるおそれがあり、西日本から北日本にかけての広い範囲で総雨量が増える見込みです。

東日本や北日本でも「梅雨末期」のような災害につながる大雨になるおそれがあります。

危険が切迫する前にあらかじめ自分が住む場所のハザードマップを参考に避難の場所や方法を確認するほか、ふだんより細かく雨雲の状況や土砂災害の危険度を確認して、危険が迫る前に安全な場所に移動するようにしてください。

前線がなぜ日本付近に長く停滞するの?

気象庁によりますと、日本付近にはこれから1週間程度、前線が停滞し続け西日本から北日本の広い範囲で大雨が続くおそれがあります。

いったい、なぜ前線がこんなにも長く停滞する予想となっているのでしょうか。

ポイントは日本列島を挟んだ「南北2つの高気圧」です。

日本の南側には「太平洋高気圧」があります。

例年、夏に大きく張り出して列島を覆い晴れて暑い日が続きますが、今は南の海上付近にとどまり、日本付近には高気圧の縁を回る南西側からの暖かく湿った空気が流れ込んでいます。

一方、北には「オホーツク海高気圧」があり、北寄りの冷たく湿った空気が下りてきています。

寒暖2つの空気の境目で前線が発生し、それがちょうど日本付近にかかっています。

さらに、日本付近を流れる偏西風が例年より南に蛇行しているため、太平洋高気圧が本州付近に張り出せず前線が長期間にわたって日本付近に停滞し続けると見込まれるということです。

3年前の西日本豪雨と非常によく似た気象条件

気象災害に詳しい専門家は、数日間にわたって前線に向かって大量の水蒸気が流れ込み豪雨が予想されるとしたうえで「四国・中国地方で甚大な被害となった3年前の西日本豪雨と同じような気象条件で、土砂災害や河川の氾濫に厳重な警戒が必要だ」と指摘しています。

筑波大学生命環境系の釜江陽一助教は、12日午前6時に人工衛星で観測された水蒸気量を解析しました。

その結果、東シナ海や中国大陸から大量の水蒸気が前線に向かって帯状に流れ込んでいることが分かりました。

そして、今後さらに水蒸気の流れ込みが強まり、停滞する前線に向かって数日間にわたって水蒸気の流れ込みが続くおそれがあるということです。

長期間にわたって前線が停滞して強い水蒸気が流れ込む状況は、広範囲で土砂災害や川の氾濫が発生し甚大な被害となった、3年前の西日本豪雨と非常によく似ているということです。
釜江助教は「西日本から北日本の広い範囲で大雨が予想されていて、どこで豪雨になってもおかしくない状況だ。短い時間に激しい雨を降らせる線状降水帯だけでなく、数日間にわたって断続的な雨で地盤が緩んでいるところにさらに雨が続くことによって、土砂災害や川の氾濫のリスクが非常に高まるので、厳重な警戒が必要だ」と指摘しています。