WHO 新型コロナ重症患者に3つの治療薬使った臨床試験開始へ

WHO=世界保健機関は、新型コロナウイルスの重症患者に対して、マラリアの治療薬など3つの薬を使った臨床試験を始めることを明らかにしました。臨床試験を通して新たな治療薬の効果と安全性が確認され、治療法の選択肢が広がることが期待されます。

WHOは11日、新型コロナウイルスに感染し重症化して入院している患者に対して、マラリアの治療薬アルテスネート、白血病などの治療薬イマチニブ、クローン病などの治療薬インフリキシマブを使った臨床試験を始めると発表しました。

臨床試験は、世界52か国の600を超える病院で行われるということで、テドロス事務局長は11日の会見で「3つの治療薬のうち、1つでも複数でも、治療に効果的だと証明されることを心から願っている」と述べました。

新型コロナウイルスの治療をめぐっては、世界でさまざまな既存の治療薬が使われていますが、WHOは7月、日本で開発された関節リウマチの治療薬、アクテムラ(一般名:トシリズマブ)や同じ仕組みのサリルマブ、ステロイド剤のデキサメタゾンのみが重症患者に対して推奨できるとする手引きを公表しています。

途上国を中心にワクチン接種が進まず、感染の拡大が深刻化するなか、臨床試験を通して新たな治療薬の効果と安全性が確認され、治療法の選択肢が広がることが期待されます。