ツイートで訴追の仙台高裁裁判官の職務停止を決定 弾劾裁判所

ツイッターへの投稿をめぐって罷免するかどうかを審理する弾劾裁判所に訴追されている仙台高等裁判所の岡口基一裁判官について、弾劾裁判所が、判決が出るまでの間、本人の職務を停止する決定をしたことがわかりました。SNSの発信をめぐって裁判官の職務が停止されるのは初めてです。

仙台高等裁判所の岡口基一裁判官(55)は、自身が担当していない刑事事件や民事裁判についてツイッターに投稿を繰り返し、国会の裁判官訴追委員会はことし6月、罷免するかどうかを審理する弾劾裁判所に訴追しました。

弾劾裁判の日程はまだ決まっていませんが、衆・参の国会議員で構成する弾劾裁判所が先月29日に、判決が出るまでの間、岡口裁判官の職務を停止する決定をしたことが関係者への取材でわかりました。

法律では、弾劾裁判所は必要があると認めた場合には、訴追された裁判官の職務を停止できると定めていて、今回の決定によって岡口裁判官は職務にあたることができなくなります。

裁判官が訴追されたケースは過去に9件あり、いずれも判決が出るまでの間職務停止となりましたが、SNSの発信をめぐって職務が停止されるのは今回が初めてです。

岡口裁判官は、SNSで積極的に情報発信する異色の裁判官として知られ、女子高校生が殺害された事件の遺族についての投稿などをめぐり、平成30年と去年の2回、最高裁判所から戒告の懲戒処分を受けています。
仙台高等裁判所の岡口基一裁判官の職務が停止されたことについて、最高裁判所広報課は、「弾劾裁判所の決定なので、コメントは差し控えたい。仙台高裁では応援態勢をとるなどして事件処理に支障を生じさせないようにすると承知している」としています。