名古屋 河村市長 市の採火イベント欠席へ“メダルかみ”で苦情

名古屋市は、今月15日に市が開催する東京パラリンピックの聖火の採火イベントを河村市長が欠席すると発表しました。市は、河村市長が金メダルをかんだことに多くの苦情などが寄せられていることを考慮したと説明しています。

名古屋市の河村市長は、今月4日、ソフトボール日本代表チームのメンバーから、金メダル獲得の報告を受け、メダルを首にかけてもらった際、突然マスクを外してメダルをかみ、翌日「極めて不適切な行為で猛省すべきと痛感している」と述べて陳謝しました。

これについて、名古屋市には10日までに少なくとも7200件余りの苦情などが寄せられたということです。

こうした中、名古屋市は、今月15日に市が開催する東京パラリンピックの聖火の採火イベントを、河村市長が欠席すると発表しました。

欠席の理由について、市は河村市長がメダルをかんだことなどに多くの苦情や意見が寄せられていることを考慮したと説明していて、イベントには副市長が代理で出席するということです。

また、名古屋市は、同じ日の夜に県庁で行われる県内の聖火を集める式典についても、河村市長に代わって名古屋市障害者団体連絡会の橋井正喜会長が、市の代表として出席すると発表しました。

これについて名古屋市は、パラリンピックの性格上、橋井会長が地域の代表としてふさわしいと判断したと説明しています。