青森 八戸港 パナマ船籍貨物船座礁 甲板に亀裂 乗組員全員救助

11日午前、青森県の八戸港を航行していたパナマ船籍の貨物船が座礁し、その後、海底から船体は離れましたが亀裂が見つかりました。海上保安庁が乗組員21人を全員救助するとともに、港を出入りする船の航行に支障が出ないよう、警戒を続けています。

11日午前8時前、青森県八戸市の八戸港で、パナマ船籍の貨物船「CRIMSONPOLARIS」(3万9910トン)が航行中に港内で座礁したと船長から海上保安庁に通報がありました。

海上保安庁によりますと、貨物船はその後、自力で海底から船体を離しましたが、悪天候のため航行が困難となったうえ、甲板付近に亀裂が入り広がったということです。

船には中国人8人、フィリピン人13人の合わせて21人が乗っていて、海上保安庁が巡視船や航空機を現場に派遣し、全員を救助したということです。

一方、現場は、八戸港を出入りする船の航路の周辺にあたり、海上保安庁は貨物船が流されるなどして航行に支障が出ないよう警戒を続けています。