九州で非常に激しい雨 土砂災害に厳重警戒を 雨は広範囲に

前線の活動が活発になり、九州では非常に激しい雨が降っていて、土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水にも警戒が必要です。
12日は雨の範囲が東日本や北日本にも広がり、災害につながる大雨になるおそれもあることから最新の情報を確認するようにしてください。

気象庁によりますと、前線の活動が活発になっている影響で九州や中国地方など西日本を中心に発達した雨雲がかかり続けています。

午前9時半までの1時間には、福岡市早良区で57ミリ、国土交通省が佐賀市に設置した雨量計で50ミリの、いずれも非常に激しい雨が降りました。

これまでに降った雨で、福岡県、佐賀県、熊本県、それに鹿児島県では土砂災害の危険性が非常に高くなり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、山口県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。

12日は九州を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、そのほかの西日本や東日本、北日本の広い範囲で激しい雨が降って大雨になるおそれがあります。
13日の朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
九州北部で300ミリ、
九州南部で250ミリ、
四国で200ミリ、
近畿で180ミリ、
中国地方と東海で120ミリ、
関東甲信と東北で100ミリと予想されています。

その後、14日の朝までの24時間には、
九州北部と南部、四国、近畿、東海、関東甲信で200ミリから300ミリ、
中国地方と北陸で100ミリから200ミリ、東北で100ミリから150ミリと予想されています。

土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水に警戒し、落雷や竜巻などの突風にも注意してください。
さらに、前線は来週にかけて日本付近に停滞し、湿った空気が流れ込み続けることから、気象庁は西日本から北日本の各地で「梅雨末期」のような大雨になるおそれがあるとしています。

あらかじめ自分が住む場所の災害の危険性をハザードマップなどで確認し、避難の場所や方法を確認しておくなど早めの対策が重要です。

ふだんより細かく雨雲の状況や土砂災害の危険度を確認して、危険が迫る前に安全な場所に移動するようにしてください。

前線の停滞続き大雨のおそれ 気象庁が警戒呼びかけ

今回の大雨について気象庁は、来週にかけて前線の停滞が続くことから「梅雨末期のような大雨のおそれがあり事前に災害への備えを取ってほしい」として警戒を呼びかけています。

気象庁によりますと、現在、大陸から九州付近にのびる前線は、次第に日本の東へのび、来週にかけて日本付近に停滞する見込みだということです。

このため、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になる見込みです。

▽西日本では、今週金曜日の13日にかけて、雷を伴って非常に激しい雨が降ってその後も大雨が続くおそれがあり、
▽東日本や北日本でも13日以降、大雨となる可能性があります。

非常に激しい雨が降り続く“線状降水帯”の発生も

さらに、短時間に雨が激しくなるおそれもあります。

前線が停滞する見通しの日本海では海面水温が30度近いところもあって、平年より高くなっています。

そのため、太平洋高気圧を回って流れ込む湿った空気とぶつかって活動が活発になり、同じ場所に非常に激しい雨が降り続く「線状降水帯」が発生しやすい状況になっているということです。

気象庁は、すでに各地で梅雨明けはしているものの、いわゆる「梅雨末期」のような大雨が降るおそれもあるとして警戒を呼びかけています。

気象庁予報課の岸本賢司主任予報官は「長雨の特徴に加えて、前線付近で非常に激しい雨が降ると、災害が発生するおそれがある。前線の位置や活動度によって雨の降り方は変わるが、前線付近はいつどこで大雨になってもおかしくない状況が来週にかけて続く。大雨に対する備えを事前に整え、ふだんよりもこまめに気象情報を確認してほしい」と呼びかけています。