登山道から滑落した女性が死亡 埼玉 小鹿野町

10日午後、埼玉県小鹿野町の山中で64歳の女性が登山道から滑落して救助されましたが、その後、死亡が確認されました。

10日午後3時半すぎ、小鹿野町両神小森の山中で64歳の男性から「『丸神の滝』の登山道から同行の女性が転落した」と消防に通報がありました。

警察と消防が救助に向かったところ、滝の近くの登山道からおよそ15メートル下の河川敷で、川越市の無職、関文子さん(64)が意識のない状態で倒れているのが見つかりました。

関さんは救助されましたが、その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、関さんは通報した友人男性とハイキングに来ていて、下山する途中で登山道から滑落したということで、警察は、当時の詳しい状況や事故の原因を調べています。

事故が起きた登山道は、気軽に登れる人気のハイキングコースだということで、警察は、お盆休みで登山者が増えるとみられることから、無理のない計画で安全に登山をするよう注意を呼びかけています。