小学校プールの水7日間出したまま 下水道代270万円余分に 高知

高知市の小学校で、プールの水をおよそ7日間出したままにしてしまい、およそ270万円の下水道料金が余分に発生していたことが分かりました。

高知市教育委員会によりますと、先月14日、高知市立初月小学校で、教員が水泳の授業に備えてプールに給水を開始しました。

その後、授業は中止になりましたが、この教員は放課後のプール当番の別の教員が止めてくれたと思い込み、確認しなかったということです。

7日後の21日、別の教員が水が出たままになっていることに気がつき、水を止めたということです。

そして28日になって業者から下水道の使用量が異常に多いと連絡があり、学校側が事実関係を確認し、むだ遣いがあったことが分かったということです。

井戸水を使っているため水道料金は発生しませんが、下水道料金は例年の同じ時期が平均で18万円余りなのに対し、先月の請求金額は290万円余りに上り、270万円余分にかかったということです。

高知市教育委員会は、給水の開始時や止水時の記録を徹底するよう市内の公立学校に求めるということで、「むだな税金を使うことになり市民の方々に申し訳なく思っている。再発防止に努めたい」としています。