南北連絡ルートが再び不通に 米韓合同軍事演習に対する不満か

韓国政府は北朝鮮との間で先月復旧した連絡ルートについて、北朝鮮側が10日午後の連絡に応じなかったことを明らかにしました。韓国メディアは、アメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習に対する不満を表したという見方を伝えています。

韓国と北朝鮮の間では先月27日、1年1か月ぶりに連絡ルートが復旧し、韓国の統一省や軍のルートで午前と午後の1日2回、北朝鮮側と連絡をとっていました。

ところが、10日午後の定時連絡では、いずれのルートでも北朝鮮との通話ができなかったということです。

これについて北朝鮮は反応を示していませんが、韓国統一省は「状況を鋭意注視している」としています。

北朝鮮では10日朝、キム・ジョンウン(金正恩)総書記の妹、キム・ヨジョン(金与正)氏が、アメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習に強く反発する談話を出していて、韓国の通信社・連合ニュースは、北朝鮮が演習に対する不満を表したという見方を伝えています。