「夢であいましょう」司会 中嶋弘子さん死去 95歳

テレビの初期に制作されたNHKの音楽バラエティー番組、「夢であいましょう」で司会を務め、首を傾ける独特のおじぎが人気を集めたファッションデザイナーの中嶋弘子さんが7月18日、老衰のために東京都内の病院で亡くなりました。95歳でした。

中嶋さんは東京都出身で、戦後、フランスに渡って服飾について学び、帰国後にファッションデザイナーとしての仕事を始めました。

その後、テレビ番組にも出演するようになり、NHKでは1959年に始まった「午後のおしゃべり」や、その2年後に始まった「夢であいましょう」で司会を務めました。

このうち「夢であいましょう」は、坂本九さんや渥美清さん、黒柳徹子さんなどが出演した音楽バラエティー番組で、中嶋さんの首をななめに傾ける独特のおじぎが人気を集めました。

中嶋さんは結婚のためにこの番組を降り、その後はファッションデザイナーとして80歳まで現役で活躍しました。

家族によりますと、中嶋さんは先月18日、老衰のため、東京都内の病院で亡くなったということです。

95歳でした。