【気象予報士が解説】台風9号 今後の進路と雨の見通し(9時)

台風9号は9日午前5時すぎ、広島県呉市付近に上陸し、午前6時には鳥取県米子市の南南西70キロを1時間に45キロの速さで北東へ進んでいます。島根県や広島県では、この12時間に降った雨の量が平年の8月1か月分を超えるような大雨となっているところがあり、災害の危険度が非常に高まっています。

今後の台風の進路予想や雨の見通しなどについて南利幸 気象予報士が詳しく解説します。

(この動画はデータ放送ではご覧になれません)