横浜市長選告示 過去最多の8人立候補 IRなど論戦へ

横浜市長選挙がきょう告示され、過去最多の8人が立候補しました。
選挙戦では、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の横浜市への誘致計画や新型コロナウイルス対策などをめぐって、論戦が交わされる見通しです。

横浜市長選挙に立候補したのはいずれも無所属の現職と新人合わせて8人で、過去最多となりました。

届け出順に、

元横浜市議会議員の太田正孝氏(75)

元長野県知事の田中康夫氏(65)

元国家公安委員長の小此木八郎氏(56)

水産仲卸会社社長の坪倉良和氏(70)

元衆議院議員の福田峰之氏(57)

元横浜市立大学教授で立憲民主党が推薦する山中竹春氏(48)

4期目を目指す現職の林文子氏(75)

元神奈川県知事の松沢成文氏(63)

以上の8人です。

今回の選挙で、自民党は自主投票を決めましたが、市議会議員の多くが小此木氏を支援し、地元選出の菅総理大臣も支援を表明しました。

同じく自主投票を決めた公明党も実質的に支援しています。

自民党の一部の市議会議員は、林氏の支援に回っています。

立憲民主党は山中氏を擁立し、共産党や社民党も支援しています。

選挙戦では、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の横浜市への誘致計画や、神奈川県内でも感染が拡大している新型コロナウイルスへの対策、それに、3期12年の林市政への評価などをめぐって論戦が交わされる見通しです。

投票は今月22日に行われます。