東海地方で39度の予想 熱中症に厳重な警戒を

暖かい風が流れ込むため東日本や西日本では気温が上がり、東海地方では39度と危険な暑さが予想されています。熱中症に厳重な警戒が必要です。

7日も北日本から西日本の各地で猛烈な暑さとなり、特に北海道では小平町達布で38.7度を観測するなど、統計を取り始めてから最も高い気温となったところが相次ぎました。

北海道や九州などでは7日よりは気温は下がるものの台風からの暖かい風の影響などで東海や近畿を中心に気温が上がり、日中の最高気温は
▽岐阜市と静岡県浜松市で39度
▽名古屋市で38度と危険な暑さが予想されているほか
▽京都市で37度
▽大阪市と高松市で36度
▽山形県酒田市や鳥取市で35度などと予想されています。

熱中症の危険性が高くなるとして東北から西日本にかけての22の府県に熱中症警戒アラートが発表されています。

熱中症に厳重に警戒し、外出はなるべく避け、こまめに水分や塩分を補給するほか、屋内では適切に冷房を使用し、屋外では運動は避けて、人との距離が十分ある時にはマスクを外して休憩するなど十分な対策が重要です。