オリンピック 卓球 水谷隼 現役引退の意向 目の不調を理由に

東京オリンピックの卓球で、混合ダブルスの金メダルなど2つのメダルを獲得した水谷隼選手が記者会見に臨み、「最終的な判断はできていないが、完全に卓球から離れると思う」と述べて、目の不調を理由に現役を引退する意向を明らかにしました。

32歳の水谷選手は東京オリンピックで伊藤美誠選手とペアを組んだ混合ダブルスで金メダル、男子団体でも銅メダルを獲得しました。

卓球の競技が6日ですべて終わり、水谷選手は7日午前、ほかの代表選手とともに記者会見に臨みました。

水谷選手は東京オリンピックを日本代表としての最後の大会と述べてきましたが、7日の記者会見で「まだ最終的な判断はできていない」としたうえで、「今の自分の気持ちとしては完全に卓球からは離れると思う。それは目の影響がものすごく大きい」と話し、目の不調を理由に現役を引退する意向を明らかにしました。

水谷選手はおととしの全日本選手権、男子シングルスで10回目の優勝を果たしたあと、その前の年からボールが見えにくくなるなど、目の不調を感じていることを明らかにしていました。

水谷選手は記者会見で「正直、目が完治するならば、40歳でも50歳でも卓球をやりたいと思っている。しかし、現状、今は治療法もないということで、悔しいが、自分の冒険はここまでかなと思う」と述べました。

水谷選手は今大会が4回目のオリンピック出場で、前回のリオデジャネイロオリンピックでは男子団体で銀メダル、さらに男子シングルスでは、日本卓球界の個人種目で初となる銅メダルを獲得しました。