小田急線 男が刃物振り回し乗客9人けが 殺人未遂容疑で逮捕へ

6日夜、東京 世田谷区を走行中の小田急線の車内で男が刃物を振り回して周りの乗客に切りつけ、9人がけがをしました。容疑者は現場から逃走していましたが、およそ1時間半後に確保され、警視庁はこのあと殺人未遂の疑いで逮捕して、詳しいいきさつを調べることにしています。

6日午後8時半ごろ、東京 世田谷区の成城学園前駅付近を走行していた小田急線の車内で、男が刃物を振り回し、周りの乗客に切りつけました。警視庁によりますと、乗客9人がけがをし、いずれも意識はありますが20代の女性が背中など7か所を刺されて重傷だということです。

捜査関係者によりますと、男は電車内から線路に降りて逃走し、凶器とみられる刃物と、男のものとみられる携帯電話が車内に落ちていたということです。

小田急電鉄によりますと、「車内で刃物を振り回している男がいる」という連絡が入り、祖師ヶ谷大蔵駅の手前で緊急停車したということです。

警視庁が容疑者の行方を捜査していましたが、捜査関係者によりますと、事件からおよそ1時間半後の6日午後10時ごろ、およそ5キロ離れた東京 杉並区内のコンビニエンスストアで発見し、身柄を確保しました。

容疑者は、川崎市に住む36歳の自称・派遣社員で、コンビニを訪れたあと店長に「今、ニュースに出ている事件の犯人です。逃げるのに疲れました」などと話し、体の一部に血がついていたということです。

警視庁が現在、事情を聴いていて、このあと殺人未遂の疑いで逮捕して、詳しいいきさつを調べることにしています。

乗客の男性「自分がいた車両に次々と人が逃げてきた」

事件が起きた電車に乗っていたという男性は「急に電車が止まって自分がいた車両に次々と人が逃げてきた。人が刺されたと言ったのでみんなで車両のドアを開けて線路に出て逃げた。ホームではズボンに血がついた男性がいたので『大丈夫ですか』と声をかけたら『自分は大丈夫だが、近くにいた人が刺された』と話していた。ホームでは4、5人が手当てを受けていてみんなぐったりした様子だった」と話していました。

別の車両の男性「車内はパニック状態に」

後ろから4両目の車両に乗っていたという50代の男性は、「前のほうの車両から突然、数十人の乗客がなだれ込んできた。何事かと思ったら、服などに血がついた女性が『包丁を振り回している男がいる』と話していた。車内はパニック状態になっていて、何が起きたか分からずとても怖かった」と話していました。

2人組の女性「突然 逃げろと言われた」

事件があった電車に乗っていた20代の会社員の男性は、「突然、人が叫びながら逃げてきて、何が起きたか分からなかった。みんなが別の車両に逃げて、電車内は人でいっぱいでもみくちゃになり、気付いたら隣にいた人が血を流していた」と話していました。

また2人組の女性は、「突然、逃げろと言われて、車両を移り、その後、さらに別の車両に逃げました。何が起きたか分からなくて、逃げてからは、周りの人もみんなスマホで情報収集をしていました。ツイッターを見て、初めて車内で人が刺されたと知りました」と話していました。

鉄道の車内で乗客が襲撃される事件

鉄道の車内で乗客が刃物で襲撃される事件は、3年前の2018年にも起きていて、神奈川県内を走行中だった東海道新幹線の車内に複数の刃物を持ち込んだ男が男女3人を切りつけ、男性1人が死亡しました。

事件を受けて、国土交通省は適切にこん包されていない刃物の持ち込みを禁止したほか、省令も改正され東京オリンピックの開催を控えた7月から鉄道事業者が乗客に手荷物検査ができ、拒否した場合は駅などから退去させられるようになりました。

一方、利用者の多い駅で、手荷物検査を行うことは困難だという指摘も出ていて、国土交通省によりますと、空港のような手荷物検査を行っている鉄道事業者はないということです。

小田急線 約4万9000人に影響

小田急電鉄によりますと、小田急線は運転見合わせから4時間近くたった午前0時15分に運転を再開しましたが、新宿駅と向ヶ丘遊園駅の間の上下線で合わせて158本が運転を見合わせたため、およそ4万9000人に影響が出たということです。

7日朝は始発から平常通り運転するということです。

東京オリンピック警戒強化の中での事件

国土交通省鉄道局は、東京オリンピック・パラリンピックの期間中、利用者が多い主要な駅をはじめ、競技会場の近くの駅については開催日に、改札近くでの常時監視や24時間体制での構内の巡回、それに日中の時間帯に巡回する人員を増やすことなど、警戒・警備の強化を鉄道事業者に指示していました。

これを受けて、鉄道各社は、警備員や駅で警戒にあたる職員を増やす対応を取っていました。

小田急電鉄も新宿駅や下北沢駅など利用者が多い駅のほか、サッカーやラグビーが行われた東京スタジアムに近い狛江駅、それにセーリングが行われた神奈川県藤沢市の片瀬江ノ島駅など、競技会場の最寄りの合わせて11の駅で10人余りのガードマンを追加で配置していました。

また、巡回の頻度も増やしていましたが、事件を防ぐことはできませんでした。

国土交通省 全国の鉄道事業者に注意喚起

この事件を受けて、国土交通省は、乗客の安全確保の徹底に努めるよう、全国の鉄道事業者に通知しました。

国土交通省鉄道局は、東京オリンピックで警備を強化している中で、車内で事件が発生したことを踏まえ、警察と連携した巡回などの警戒・監視の徹底や、防犯カメラや非常通報装置の適切な運用などで乗客の安全確保の徹底に努めるよう、全国の鉄道事業者に通知しました。

国土交通省は、これまでも事件やテロなどに備えて駅や車両に防犯カメラを増やすなどして、安全対策を強化するよう求めていました。

事件があった車両で現場検証 警視庁

小田急電鉄によりますと、事件があった車両は東京 世田谷区の「喜多見電車基地」に移され、7日、警視庁が現場検証を行うということです。

また、小田急電鉄は事件を受けて、利用者の多い駅で警備員などによる巡回の頻度を増やすほか、小規模の駅では、構内に設置されている防犯カメラの映像を、駅の事務所のモニターを通じて確認する作業を徹底するなどの緊急対策を行うことにしています。