台風10号は関東の沿岸に接近 9号は九州に上陸か

台風10号はやや勢力を強めて関東の沿岸に近づいていて関東の各地で激しい雨が降っています。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、それに高波に警戒が必要です。
一方、台風9号は8日の夜以降、九州に近づいて上陸するおそれがあり、午前のうちに大雨などへの備えを進めてください。

台風10号 伊豆諸島に接近

気象庁の観測によりますと台風10号は午前3時には伊豆諸島の八丈島の西30キロの海上を1時間におよそ25キロの速さで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルとやや勢力を強めていて、暴風域はありませんが中心から南東側390キロ以内と北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風に近い伊豆諸島では風と雨が強まり、八丈島空港では午前0時前に30.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。

関東沿岸など大雨おそれ

台風周辺の湿った空気が流れ込んでいる影響で関東地方では激しい雨が降っています。

午前4時までの1時間には▽水戸市で34.5ミリの激しい雨が降ったほか、午前3時までの1時間には▽神奈川県海老名市で41ミリ▽東京・練馬区で30.5ミリの激しい雨が降りました。

8日深夜までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで関東で180ミリ、伊豆諸島で120ミリ、東海で100ミリと予想されています。

風と波の予想は

風も次第に強まり予想される最大風速は伊豆諸島で23メートル、関東の海上で20メートル、東海の海上で18メートル、東北の海上と関東・東海の陸上で15メートル、最大瞬間風速は伊豆諸島で35メートル、関東と東海で30メートル、東北の海上で25メートルと予想されています。

波も高くなり、伊豆諸島と関東では大しけ、東海や東北の太平洋側ではしける見込みです。

気象庁は大雨による土砂災害や低い土地の浸水や川の増水、それに高波に警戒し、強風に注意するよう呼びかけています。

台風9号は夜以降九州接近・上陸か

一方、沖縄の北西の海上にある台風9号の影響で沖縄本島では雨や風が強まっています。

台風は8日夜以降、九州に接近して上陸するおそれがあり、西日本では9日にかけて雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

雨と風の予想は

8日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで▽九州南部で200ミリ、▽九州北部と奄美地方、▽沖縄地方で150ミリと予想され、その後9日夕方までの24時間には▽四国と九州北部で200ミリから300ミリ、▽近畿と中国地方で100ミリから200ミリ、▽九州南部で100ミリから150ミリ、▽奄美地方で50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

また、九州と沖縄、それに奄美地方の海上で非常に強い風が吹き、うねりを伴ってしけとなる見込みです。

最大風速は▽九州と奄美地方で20メートル沖縄地方で18メートル、▽近畿と四国、中国地方で15ートル、最大瞬間風速は25メートルから30メートルと予想されています。

西日本 土砂災害などに警戒 午前のうちに備えを

気象庁は西日本では、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、高波などに警戒し、午前のうちに備えを進めるよう呼びかけています。

台風9号はその後日本海で温帯低気圧となる見込みですが、低気圧として勢力を強め、広い範囲で雨や風が強まるおそれもあり、今後の情報に注意してください。