感染急拡大 保健所や病院の過酷な勤務 職員の訴える声相次ぐ

新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、都内の保健所や病院の職員などから過酷な勤務を訴える声が相次いでいるとして、労働団体が職員の数を増やすなどの対策が必要だと訴えました。

会見を開いたのは、自治体職員の労働組合でつくる労働団体の「自治労連」です。

この団体では、新型コロナウイルスの感染が急拡大していることを受け、労働組合に入っている東京都内の保健所や病院などで働く人に聞き取りを行いました。

それによりますと、保健所で働く保健師からは「感染者が大幅に増えていて、土日や祝日も休むことができず、長時間労働になっている。このままの状態が続けば、過労死のリスクも高いと感じる」という声が寄せられました。

また、新型コロナウイルスの患者を受け入れている病院で働く看護師は「疲れ切っている人が多く、忍耐も限界だと感じる。病気やストレスなどで仕事を休んでいる人もいて、人手が足りない」と話していたということです。

高柳京子副委員長は「感染が急拡大が続くと、事態はさらに深刻化するおそれがある。新型コロナウイルスの対応にあたる職員の数を増やすなどの対策が必要だ」と話していました。