五輪関係者宿泊予定の都内ホテル 1部屋しか使われず「残念」

東京オリンピックで大会関係者が宿泊する予定だった都内のホテルでは、大会組織委員会から料金は支払われたものの1部屋しか使われておらず、ホテルからは「スタッフを確保するなど万全な準備をしてきただけに残念だ」と戸惑いの声が聞かれました。

東京 中央区のビジネスホテルでは、客室の半数に当たる18室を組織委員会が指定する大会関係者の宿泊先として確保していて、延べおよそ300人分の利用を見込んでいました。

しかしこれまでのところ、18室のうち1室が連泊で使われている以外利用はなく、組織委員会からキャンセルの連絡もないということです。

料金は支払われているため、ホテルでは予約の人数に対応するためのスタッフを確保したり、近くの飲食店を利用できるよう手配したりして、急な宿泊にも対応できるよう準備しているということです。
「築地ビジネスホテルバン」の潘俊宏取締役は「お金をもらっている以上、万全な準備をするのが私たちの仕事ですが、泊まりたいというほかのお客様をお断りしている中で、キャンセルの連絡すらもらえないのは、すごく残念な気持ちです」と話していました。

こうした状況について、大会組織委員会は取材に対し「宿泊施設を使用しない場合は必要な措置を取れるようにしてまいります」とコメントしています。